TOP
銀座東急ホテル
Ginza tokyu hotel
1960-2001
東京都中央区銀座5-15-9

 この一帯は以前木挽町(きびきちょう)と呼ばれていました。釆女(うねめ)橋を渡るとそこには銀座東急ホテルがありました。この銀座東急ホテルは東急グループの第一号店として昭和35年に開業しました。残念ながら2001年に閉鎖し、現在は共同通信社のビルとなっています。釆女橋の先に見える建物。実はこの地には「築地精用軒」があった場所でもあります。大正12年の関東大震災で倒壊し、精養軒は上野だけになってしまいました。その意味でもこの地のホテルの存在は銀座の地にあって、一度は訪れてみたいところでした。

 タグラベルは下のように、同じデザインで若干のロゴ違いのものが3種確認しています。ホテルラベルは異なった3種のものがあり、左のラベルは特に特長は無く、ロゴが単調なのが残念である。背景の富士山がよく描かれているだけに、ホテルの建物とのバランスの悪さがこれもまた残念です。ただ、タグラベルにも富士山が描かれているところから、日本のイメージとしての富士山が重要だったのでしょう。むしろタグラベルのデザインのほうが良い出来といえる。