TOP
鎌倉海浜ホテル
Kamakura kaihin hotel
1889-1945
神奈川県鎌倉市由比ガ浜4丁目6-1
 明治初期蔓延していた結核。西欧で療養の目的として使われていた海水浴をとりいれたサナトリウム「保養所海浜院」を医学者長与専斎がこの地に開院したのが明治20年(1887年)のことでした。木造二階建て、室数は三十。完璧な施設を整えて営業していたこの施設もあまりの高額な費用で二年で経営に行き詰まりました。その後海浜院ホテルとして営業。明治30年に青山和三郎氏、明治39年には横浜在住の外国人有力者の共同出資を受けジョサイア・コンドル設計の増改築を行ないました。
 大正5年(1916年)には軽井沢三笠ホテルを買収した明治屋の磯野長城氏が社長となり、「鎌倉海浜ホテル」となります。時節ロシア革命により海外からの旅客も増え業績も上がったといわれます。大正9年には浴室付き24室を増設しました。
 太平洋戦争末期には海軍省の斡旋でドイツ大使館と海軍武宮事務所として使われるようになりました。終戦後は接収を受け、昭和21年1月米兵の火の不始末により消失してしまいました。
 タグラベルは上の1枚しか見たことがありません。ホテルラベルは左と同じデザインで4種あります。左の写真が違うものです。海浜院のものはこれ1枚で残りが海浜ホテルのものです。赤と青を基調としたデザインが貫かれています。また鎌倉の大仏をデザインしたもの、明治後期の海浜院の別デザインのものもあります。
 海浜院から海浜ホテルへ。その歴史は55年にも渡ります。大きな節目の事はわかってもその年々を正確に綴ることはできません。パンフよりも多く残るラベルの種類。それぞれの時代、どんな人がここを訪れ、楽しみ、満喫した時間を得たのか、今では知る由もありません。僅かに残った歴史の事実を見て往時を夢想するしかありませんが、消失後更に半世紀以上たってしまった今日ではその様子を想像することすら難しいのかもしれません。

昭和12年日本ホテル協会発行 「ホテル案内」より
料金:(欧式)一人室浴室付 ¥4.00-¥8.00
右上のパンフレットにはマネージャーが青山とあります。明治30年(1897)に土地建物の権利を取得
した青山和三郎氏のことであろうか。中には上の当時のスタッフの写真が収められていました。
この中では最も古いパンフレットです。

パンフレットには 昭和5年 
常務取締役 春田助太郎 氏の名があります

昭和3年(1928)の海浜ホテルからの電車時刻表